<<  9/71  >>

マッキントッシュC22レストア (2016.8.12掲載)
マッキントッシュC22のレストアのご依頼を承りました。今回の内容は電源部のコンデンサーの全部を交換と信号系のブラックビューティーの殆どを交換、そして初段管のバイパスコンデンサーがつまらない国産品が付いていたので、米国スプラグ製に交換としました。もちろん全ての部品は米国製のスプラグ社の新品ヴィンテージパーツを使用、信号系のコンデンサーもスプラグ社の新品ブラックビューティーを使ってレストアしています。ヴィンテージアンプのレストアと言う物は、ただ動特性が復帰すれば良いと言う物ではありません。出来る限りマッキントッシュの音質を維持した上で、電気的性能を復帰させなければ、そこらの自作アンプと同じです。その事をご理解頂いているお客様のみ、お仕事をお引き受けしています。

価格は修理内容によりますので、ご相談ください。