<<  5/15  >>

激レア!超希少ユニット!ジムランD101(16Ω)モノ (2018.9.29掲載)
スピーカーユニット史上WEよりも奇跡の存在である、ジム・ランシングの独立第一作目のD101型38cmフルレンジユニットです。もちろん全てオリジナル状態(リコーンなどの無い状態)なのは言うまでも有りませんが、エッジ周囲の修理が有ります。しかし大事な音の決め手のコーン紙はもちろオリジナル状態!それでなければ存在意義は有りません。このD101は後のD130へと続くユニットでは有りますが、その見た目はアルテック515と同じフレーム(これが噂のアルテックからクレームが付いたというユニット!)で、ヴォイスコイル系も3インチ、ジムランならではのアルミエッジワイズ巻き線です。コーンの頂角も深くD130に比べヴォイスコイル系も小さいく、アルミセンタードームも非常に薄いアルミシートで製造されています。と言う事は物理的にも明らかな音質差が有るのは見て取れます。そうです、音は全然別物と言って良いでしょう!非常に透明度が高く低音質感輪郭共にD101ならではと言える深い味わいを感じる音!D130の音質とは全くの別物です。裸で鳴らしてもその素晴らしい音に感動してしまいます。

*ユニットの状態はコーン紙本体には修理は無く非常に良い状態ですが、アルミセンタードームに写真では分かり辛いですがプレス歪みと長さ1.5cm程の凹筋が有ります。

*以上の状態ですが、動作はボイスコイルのタッチ等音に影響の有る機械的な問題は全く無く、D130とは全く別物のオリジナルジムランサウンドを素晴らしい音で聴く事が出来ます。この音の違いはアルテック604Bがその後の604C以降のユニット全く別物の音を聴かせてくれる事と同じです。

*ボイスコイルの直流抵抗は7,5Ωです。

価格¥240,000(税別、送料¥1,080)モノラル一本です。