<<  68/139  >>

レア!極上!‘50年代初期製造130Aハンダ端子モデル(16Ω)一本 (2011.1.29掲載)
1950年代初期製造の極上のコンディションのハンダ端子モデル130A(16Ω、フィクスドエッジ)一本です。この年代の130がこのコンディションで存在している事自体稀な事です。音質は、質感豊かで軽やかな低音に張りの有る中域が充実したモノラルサウンドを提供してくれます。この絶妙な時代感が、モノラルで聴く時の至上の音楽体験を得る上で非常に大事な要素となります。だから、一本(モノラル)で聴いてもこの上ない充実感を得る事が出来るのです。お奨めの組み合わせは、写真の同時代の175DLHとの2ウェイです。現在、店でユニット裸でN2500ネットワーク(N1200が無いので)で聴いていますが、裸でただ繋いだだけにも係わらず、他には換えがたい魅力的な音楽を奏でてくれています。

価格¥100.000(130A一本)
  ¥230.000(130A+175DLH)